脱毛ラボの毛周期を無視したスピード脱毛で本当に効果はあるの?

脱毛ラボには、毛周期を無視した脱毛プランがあります。
全身脱毛が最短なら半年で6回終わるという、パックプランのスピードコースです。
でも、『毛周期を無視して本当に効果があるの?』『どんな仕組みで脱毛の効果が出るの?』って思いますよね。
大丈夫です。脱毛ラボでは、毛周期を無視しても効果が期待できる「FGアタック」での施術です。

>>>毛周期を無視しても効果が期待できるFGアタック


脱毛ラボ 施術ペース



脱毛の効果を得るためには毛周期に合わせた施術が必要です。
ところが脱毛ラボでは、そんな毛周期を無視した施術が行われているにもかかわらず、効果もしっかり出ています。
どういうことなのかサッパリわからなかったので、少し調べてみました。
脱毛ラボのスピード脱毛が毛周期を無視しても効果が得られる理由を分かりやすく解説します。

毛周期に合わせた施術が必要なワケ

毛にはそれぞれ新陳代謝の周期があり、生えて成長して抜けるというサイクルを繰り返し、これを毛周期と言います。
毛周期は部位や個人差があるとは言っても、大抵は2〜3ヶ月周期が一般的です。
脱毛の施術では通常、その毛周期の中の成長期の毛に的を絞って狙い撃ちします。
毛根に光を当ててダメージを与える事で、毛の成長を妨げているわけです。

毛周期 画像



脱毛マシンから照射される光と熱は黒いものに吸収されるので、黒い色素を持つメラニンに反応します。
ただ、黒い毛根を持っているのは成長期の毛根だけなので、それ以外のムダ毛には脱毛効果を発揮できません。
だから効果的な脱毛のためには、施術のペースと毛周期を合わせる必要があるんです。
ちなみにほくろに保護シールを貼られるのは、施術の際の光が黒いものに反応してしまうからです。
何もしないと火傷の原因にもなります。


脱毛ラボが毛周期を無視した施術で効果を出せるワケ

ですが脱毛ラボでは、こういった従来の脱毛方法とは異なる方式を採用しています。
それがSSC脱毛です。
簡潔に言うと、「脱毛マシンの光」と「抑毛効果のある天然植物成分入りのジェル」の相互作用によって毛の成長を抑制するので、毛周期に関係なく効果的な施術ができるという仕組みです。

脱毛ラボ フィリニープジェルアタック 画像



その成分というのがフィリニープで、脱毛ラボではこれが配合されたフィリニープジェルを施術部位に塗って、脱毛マシンの光を当てます。
ジェルの中に閉じ込められていたフィリニーブ美容成分が、脱毛マシンのクリプトンライトを照射されることによって溶け出し、肌に浸透し、抑毛効果が発揮されます。
ジェルに含まれているフィリニープの抑毛効果によって、毛が自然に抜けてやがてツルツルになる、という仕組みです。


FGアタック(フィリニーブジェルアタック)は脱毛マシンの光や熱で毛根にダメージを与える方式ではないので、毛周期に関係なく1ヶ月に1回の施術をすることができます。
これこそが、脱毛ラボがスピード脱毛で毛周期を無視していても効果を得られるヒミツです。

脱毛ラボのスピード脱毛なら、通常なら18ヶ月かかる全身脱毛6回もわずか半年で完了します。
脱毛効果を得るためには最低でも6回の施術が必要です。
次の夏に間に合わせたいと思っている方に、ピッタリの脱毛プランです。
料金は109,760円ですが、キャンペーンで割引されていることもあるので要チェックです。

脱毛ラボ スピード脱毛 キャンペーン 2017年3月



割引価格は期間限定!
今ならまだ夏に間に合います

▼▼▼
http://www.datsumo-labo.jp/