脱毛ラボは産毛にも効果が期待できる脱毛方法を採用

脱毛ラボでは産毛にも効果を発揮できる脱毛方法を採用しています。
通常の脱毛の施術では、毛の黒い色素を目印にして狙い撃ちにしてフラッシュを当てますが、脱毛ラボが採用しているSSC脱毛では、フラッシュはどちらかと言えば間接的な役割を果たすものです。

脱毛ラボでは、抑毛効果のあるフィリニープという成分を配合したジェルを塗りますが、光を当てる事でこの抑毛成分が肌に浸透し、毛の成長を妨げていくというものです。
この方法では黒い色素に反応させる必要がないので、産毛に対しても充分効果を発揮できるというわけです。
ですから安心して顔脱毛や、手足の甲や指、肩や背中といったパーツもスッキリさせることができます。

ところで、産毛にも効果があると評判になっているSHR脱毛をご存知でしょうか?
実は脱毛ラボでは、現在全店にSHR方式の脱毛マシンを導入中で、2019年2月の時点で、全55店舗中35店舗への導入が完了しています。
SSC方式での産毛への効果は主に抑毛ジェルが担っていましたが、SHR方式では光と熱が作用します。
そのため、産毛にはこれまで以上の効果が期待できます。

脱毛ラボ SHR方式 導入中


<美肌ケアならどこにも負けない!>
※期間限定!割引キャンペーン実施中



そもそもSHR方式はメラニン色素に依存しない脱毛方式なので、産毛にも効果が落ちることはありません。
他にも「毛周期に関係なく脱毛できる」「痛くない」「日焼けや色黒の肌にも照射できる」などのメリットもあります。
黒い毛根ではなく、発毛因子を産出する毛包に蓄熱することで、ムダ毛を生えなくさせます。
その特徴からSHR方式は、蓄熱式脱毛とも呼ばれています。

採用しているのは、脱毛ラボ以外ではストラッシュです。
脱毛ラボとストラッシュの比較もしていますので、参考までに。


最後に、他の脱毛方法では産毛には効果はないのかというと、決してそんなことはありません。
例えばキレイモや銀座カラーはSSC脱毛でもSHR方式でもありませんが、回数さえ重ねれば産毛にも効果があらわれます。